今日のネタ帳

悪ふざけの話中心です。笑っていただければ幸いです。

言語について考える。

言語と言うのは興味深い。

遠く離れた土地の言葉が実は根っこでつながっている、というのは意外なほどよくあることで、語源を調べるとびっくりすることがある。

ひところ広く信じられていた俗説に、仏前に供える水を指す「閼伽(あか)」とaqua(アクア)が同じ語源だ、という説があった。

近年の言語研究では明確に否定されているようだが、一時期かなり広く信じられていた。現在のところ、「閼伽(あか)」の語源はサンスクリットの「argha(アルガ)」=価値あるもの、というのが有力な説である。

 

歴史をさかのぼると、さらに面白い学説に出くわす。

故・吉原源三郎博士の著書『英語語源日本語説』によれば、吉原博士は英語の語源の多くが日本語であったと考えていた。

吉原博士の提唱した英語語源日本語説によれば、負う(ou)という日本語が英語のowe(負う)になり、たぐる(taguru)という日本語がtug(引き寄せる)という英語になった、という。また、疾苦(sikku)という日本語が伝播し、sick(病気)になったというのが吉原説だ。

また、もっとシンプルな例としては坊や(boya)がboy(少年)に変化し、名前(namae)がname(名前)に変化した例も挙げられる。

もちろんこの吉原博士の英語語源日本語説に対しては、学界の重鎮である山崎恒善(こうぜん)氏らによる猛烈な批判があった。

山崎氏は舌鋒鋭く、吉原博士の言うことは単なる与太話に過ぎない、と切って捨てた。

ご承知の通り、この論争は吉原博士の敗北で終わった。吉原博士の英語語源日本語説は今では完全に葬り去られているのは言うまでもない。

 

しかし吉原博士の英語語源日本語説は奇妙な魅力を持って私たちの心を今も魅了している。吉原学説を聞いた者はみな、ばかげた話だと思いながらどこかで一理あるかも、と考えてしまうのだ。我々はみな、吉原学説があてはまる例を知っているのだ。

例えば我々の日本文化である大相撲が、英語言語圏に対し水面下で大きな影響を与えている事例を考えてみるとよい。

言うまでもなく大相撲というのは日本古来の神聖なる神事である。
大男同士が単にぶつかり合う単純なスポーツなどではなく、八百万の神々に自らの命すらさしだす覚悟の、いわば死の武闘だ。

神々のための死の武闘を演じる力たちが常に言う言葉、「ごっつあんです」。

この「ごっつあんです」という言葉が太古の昔、海を渡り、神々のための死の武闘である相撲のイメージとともに、いつしか英語の「Gods and Death」に姿を変えたのはもちろん嘘である。

 

【caution】「Gods and Death」の元ネタは先日見かけたネットギャグです。悪しからず。

また、文中に出てくる吉原源三郎博士とその学説はフィクションであり、元ネタは清水義範『蕎麦ときしめん』(講談社文庫 1989年)に収載の『序文』(p.79-105)です。

うのみにしないようくれぐれもご注意ください<(_ _)>

ふるさと納税にみる我らが内なる「お米があれば大丈夫」感の話。

自分の心の奥に潜んでいた思いもかけないものと遭遇してびっくりすることがある。

先日、ふるさと納税の返礼品のコメを宅配便の人から受け取った。

そのときにぼくの心の中に湧いてきたのが「コメさえあれば何かあってもしばらく生きていける」というフィーリングで、自分の中にそんな感覚が潜んでいるとは今まで未自覚であった。

 

論理的に考えれば、幸い失業中でもないので食べるものに困っているわけでもない。
しかしDNAに刻まれた(比喩表現)コメへの愛と信頼が、上記のような感覚をもたらしているのかもしれない。

そうなるとほかにもどんな感覚が自分の中に眠っているのか興味が出てくるもので、もし次回ふるさと納税するならば、返礼品は味噌か醤油をお願いしようかと思っている。

 

それにしても今までまったく意識したことのなかった、コメの蓄えが家にある幸せと安心感という感覚が自分の中にあったことがなんとはなしに面白かった。なんというかもう安心感としか表現しようのないもので、これもコメ食民族のなれの果てだからこそ持つ特別なフィーリングなのであろうか。

レトリック的には「農耕民族の魂の底に眠る民族的記憶が呼び覚まされた」とでも表現するのだろうが、科学的にはどういうことなのだろうか。ハワイの日系3世の人々などはこういう「コメさえあれば大丈夫」みたいな感覚を持っているのだろうか。

あるいは同じ日本列島にルーツを持つ者であっても、山の民の末裔と海の民の末裔では感覚が異なるかもしれない。海の民の末裔の人々は、海に行くたびに「サカナさえあれば何かあってもしばらく生きていける」とか思うのだろうか。

科学的に証明/否定するには「コメさえあれば/サカナさえあれば何かあってもしばらく生きられる」という安心感を定義し、定性的定量的に評価できる手法を確立しなければならないよなあ。

さらに脳機能画像的に評価するのであればfMRI(ファンクショナルMRI、脳の血流量の変化を評価する検査)やPET(ポジトロン断層法。脳の糖分の消費のされかたなどを評価する検査)を用いて、米袋を与える前と後で血流や代謝の変化がないかを観察する方法なども検討に値いすると思われる。

 

そんなことを瞬時に考えながらずしりと重いコメを受け取った。

宅配便の受領書にハンコを押し、ぼくはじんわりとした「多幸感」につつまれた。そのあとに生まれてきた感覚が「炊こう感」であったのは言うまでもない。

それではまた。

略語あれこれ

世のいろんな団体はそれぞれ略称をもっている。当事者にとってはその略称は当たり前なんだろうけど、部外者から見るとなんだろうそれみたいに興味をそそられる略称というのがある。


今までみてぶっちぎりでかっこよかったのは「全仏(ぜんぶつ)」=全日本仏教会。全日仏ともいうようだ。あらためて、仏恥義理でかっこよい。
今日みかけてかっこよかったのは「日超医」。一瞬、日本超人医師会かと思ったが、日本超音波医学会の略なのであった。
さらに検索したら「日超検」というのもあって、こちらは日本超能力検定ではなく、日本超音波検査学会のことなのであった。

 

そんな話をしていたら、年若き友人から「日本にもNBAがある」と教えてもらった。

NBAといえばNational Basketball Association、全米プロバスケットボールリーグのことかと思いきや、「日本バス協会」の略だという。

NBAの入団テストとかあるのだろうか。

 

バスドライバーの中ではNBAといえば当然、日本バス協会なわけで、分野によって当たり前は違う。

受験業界ではICUといえばInternational Christian University、国際基督教大学だが、医療業界ではIntensive Care Unit、集中治療室のことで、同じ「ICUに入った」でも意味合いがずいぶん違う。

同じ医療業界ですら専門分野が違うと略語の意味が違う。

心臓の病気の専門家の中でMSといえばMitral Stenosis、僧帽弁狭窄症なのだが、我々脳神経内科の間ではMSといえばMultiple Sclerosis、多発性硬化症である。
もう一つ言えば同じGBSでも腹部の専門家、消化器科の間ではGallbladder stoneだが脳神経内科ではGuillain-Barre syndromeなのだ。

 

ぼくは極力、仕事上で略語やスラングは使わないようにしているが、これは知らず知らずのうちに略語の意味を取り違えてミスを起こすのを避けるためである。

 

履歴書にKFC出身と書いてある場合も、Keio Fujisawa Campus、慶応藤沢キャンパスなのかKentucky Fried Chickenなのかで入社後のキャリアパスも変わってくるであろう。
世の中にはKFC出身のKFC首脳陣もいるかと思うと胸が熱くなり夜も眠れない、とここまで書いてKFCじゃなくてSFC、湘南藤沢キャンパスだってことに気が付いた。これがかの有名なカーネルサンダースの呪いである(*)。

*KFCじゃなくてSFCだと本間正人先生よりご指摘いただきました。失礼しました。

 

ほんとにこの暑さのなかで2020年東京五輪やるのか?-私的革命的改革案

ほんとうのほんとうのほんとうの本気だろうか。

2020年東京オリンピックのことである。

 

さんざん言い尽くされているけれど、本当に7月・8月の東京でオリンピックをやる気なのか。

ただたたずんでいるだけで暑く、予想最高気温は40℃すら越えるという。湿度は高く、風は無い。

人類の至宝ともいえる珠玉のアスリートたちを招いて、最悪級のコンディションで試合をやらせる。世界最高記録なんて出るわけもなく、命がけで競技をこなすことになる。

なんでもスタジアムには冷房装置もないんだそうで、気違い沙汰としかいいようがない。

 

世界中から来る観光客のなかには弾丸ツアーで疲労度マックスの者もいるだろう。

若いうちは貧しく、海外旅行ができるほどの金銭的余裕ができるのは高齢になってからという国は多い。やっと日本まで来た高齢の観光客がばたばたと倒れるとしたら、「オモテナシ」も「日本SUGEEE」もあったものではない。

 

一方で、無数の関係者たちはすでにスケジュールをおさえているだろうし、選手たちもコンディションの調整に関し2020年7-8月に照準を定めているだろう。つまり、日程変更は現実的ではない。

ではどうするか。

 

今こそ蛮勇をふるって開催地を変更とするのである。

時限立法で、北海道の一部を東京都にしてしまう。

ネーミングを考えているヒマはないから、適当に「第三東京市」とか言っとけば一部で喜ぶ人もいるだろう。

一時的に東京都となった北海道を舞台に、突貫工事でオリンピックスタジアムなどを整備していく。

もともとサッカーは札幌ドームでやる予定なわけだし、多少競技が増えてもなんとかなるだろう。

ラソンコースだって札幌マラソンのコースをそのまま使えばいいし、薄目で見ればさっぽろテレビ塔も東京タワーに見えるだろう。ヴァーチャル・リアリティー技術で選手のゴーグルに東京の光景でも流しておけばいいし、各国のテレビ放映の際は東京の光景と選手の姿を合成すればなんとかなる。

何度でもいうが7-8月の東京・関東地方はスポーツをやるような気候じゃない。それに比べ札幌・北海道は気候よしアクセスよし食べ物・飲み物も世界レベルで最高にうまい。7-8月の札幌はほんとに最高だ。

 

もしあとから国際オリンピック委員会IOCがああだこうだと文句言ってきたとしても「いや〜EDOとEZOを間違えちゃいました。HAHAHA」とか言っときゃ関係者一同、みんな喜ぶんじゃないだろうか。

圧倒的理想の病院

理想の病院というものを考えてみる。
優れた診断と治療は必須。
医療費の支払いに困った人には救済策を用意。
父性主義を振りかざすことなく、相手の選択を尊重。
生活習慣の改善に頑張る人を励ましつつ、過度の禁欲も強いない。
時にはお酒とおつまみを用意したりして。
もちろん外出、外泊だってできる。
北原国際病院をマネして、コミュニティ独自の通貨とかもっていても面白い。

 

とどのつまり、こういうこと・・・っ!
圧倒的診断・・・っ!悪魔的治療・・・っ!
医療費が払えない?ようこそ、希望の船へっ!
船はいや?それではこちら、地下帝国へどうぞっ!
甘えるな、病院はあなたのお父さんじゃないっ!
目と耳、どっちにする、カイジくん。
明日から頑張るんじゃない、今日を頑張ったものにのみ、明日が来るんだ・・・っ!
カロリーオフ?・・・へたっぴだなあ、カイジくん、欲望の解放しかたがへたっぴさ。
ほら、キンキンに冷えたビールと、ホッカホカの焼き鳥さ。
外出したい?一日外出券、500000ペリカです・・・っ!
退院、コングラッチュレーション・・・っっ!!!

新党ブームは永遠に。

日本人って初物好きなんで、これからも定期的に新党ブームっておこるんだろうな、というお話。

ここのところ静かだけれど、ひところ何かっていうと新党結成のニュースを聞いた。

調べてみると新党への期待ってのは昔からあって、ふりかえってみると、新自由クラブ(1976)、日本新党(1992)、新進党(1994)、民主党(2003)、大阪維新の会(2010)、日本維新の会(2012)、維新の党(2014)、民進党(2016)、希望の党(2017)と数年単位で新党の話はある。

 

元旦、新年、新学期。新人、新車に新製品。日本人は新しもの好きだ。神が宿る社さえ、20年ごとに新しく建て替える。
たぶん日本人の現世観が根底にあって、浮き世は憂き世だから、長く浮き世に存在しているといろいろケガレてくると感じているのだろう。
「日本をリセット」というのと「保守」というのは相容れない気もするが、リセットするとまっさらなキレイなものになるという日本人的心情に受けるんだろうな。
なんでもかんでもすぐリセットしたがるリセット業界には高橋アユム氏など人材も豊富だし、そのうちリセットマンが集まってニッポン・リセッ党なる新党でもできるんだろう。

 

日本で繰り返し新党ブームが起こるのに対し、永遠に新党ブームがこなそうな国はイギリスだ。悪評や黒歴史もないかわりに実績も経験もない新党なんか信用できるかい、というのがイギリス人の考えかたで、だいたい新しもの好きの人々はとっくの昔にアメリカに行ってしまった。
外山滋比古氏によれば「転がる石に苔つかず rolling stone gathers no moss」ということわざはイギリスとアメリカで真逆の意味を持つという。イギリスでは、転がってばかりじゃ苔=実績、信頼はつかないよ、という意味で使われ、アメリカでは転がってないとサビつくよ、という意味で使われるという。もっとも以前に若いイギリス人にそんな話をしたら知らなかったが、最近の若いイギリス人はフィッシュアンドチップス食べないからな。

学内カップル率

「学内カップル率ってのがあってさ」
電車の中で男子大学生2人が話している。

 

「同じ大学内でカップルができる率なんだけど、学内カップル率100%のA大学と学内カップル率10%の大学B、どっちに行きたい?」
「そりゃ大学Aでしょ、おれでも彼女出来そう」
「残念でした。この場合、学内カップル率ってのは女子学生からみたって条件がつくのね。大学Aでは男女の比率が10対1で、女子が少ないから女子からみたらすぐカップルが成立する。大学Bは逆に男女比率が1対10で女子はあぶれちゃうから学内カップル率は低い」
「なるほど」

 

盗み聞きしながら考えた。
そうだよなあ、データはきちんと条件とかみないと騙されるよなあ。
学内カップル率が「在学期間中に学内カップルになる率」という定義だとすると、在学期間中にパートナーをとっかえひっかえする人がいれば一人で学内カップル率を引き上げることもある。迷惑な話だ。

また、カップル間で認識のズレがあった場合はどう補正するのか。「え、オレたち付き合ってたんじゃないの?!」的な。

げに難しきはデータの解析と人情の機微である。

 

しかしまてよ、カップル率というのは本来なら男女のカップルに限らないわけで、男子学生のみの大学で学内カップル率が高いという魔夜峰央萩尾望都的展開もあるし、その場合はどうなるのだろうかなどと考えているうちに目的駅に着いたのだった。